にいがたかいごのお仕事-新潟県介護人材支援マッチングサイト

にいがたかいごのお仕事-新潟県介護人材支援マッチングサイト

新潟県介護人材確保支援事業移住支援金
移住した先輩からのメッセージ

EMIGRATION

emigrationemigration

晴和会上所園
50代 男性

晴和会上所園
となかいご

Q1.新潟県へUターンしたきっかけを教えてください。

前職時に様々な家族の形があることを知りました。兄弟や姉妹で交代しつつ、両親の生活の面倒を見ている姿なども目の当たりにしました。私自身、独身であるという状況から、兄弟と共に実家のある新潟の両親の面倒を見たいと思ったのがUターンしたきっかけです。

となかいご

Q2.新潟県へUターンしてきて、感じたことを教えてください。

新潟県へUターンしてきた初日は、「ああ新潟へ帰って来たのだな」としみじみ感じました。東京と比べ、緑が多いからだと思います。また、手続き等で関わった役所の方々はじめ、新潟の方が親身に対応してくれる印象を抱いたことも正直なところです。

となかいご

Q3.現在はどのような施設でどのようなお仕事をされていますか?

現在は、介護老人保健施設にて介護職員として従事させて頂いています。Uターン後、当初は新潟へ帰って来たのだとしみじみ感じていましたが、就業させて頂いてからは、不思議と「新潟で仕事をしている」と感じませんでした。当然かもしれませんが、東京でも新潟でもその辺は変わらないところだと思いました。ただ時々、新潟弁に触れることで「ああやっぱり新潟へ来たのだ」と癒されています。

となかいご

Q4.新潟県での暮らしについて、現在のお仕事について、感じていることを教えてください。

今年初め新潟県の積雪量は多かったと聞きます。私自身、雪道の運転は慣れていないためすごく怖かったのですが、経験できて良かったと思っています。まだまだ新潟県での暮らしにこれから初めて経験することが多々あるかと思いますが、前向きに捉えています。現在の仕事に関しても同様です。施設介護職員として、心機一転取り組んでいこうと思っていますし、職場の周りの方々のサポートに日々感謝しています。

となかいご

Q5.御自身がUターンされた経験を踏まえ、新潟県へのUターンを考えている方へのメッセージをお願いします。

私自身「新潟へ帰ってきて良かった」と今後も思い続けられるように仕事へも取組み、日々の生活にも慣れ親しんでいきたいと思っています。新潟県介護人材確保支援事業移住支援金については、実は現在の職場の面接時に教えて頂きました。Uターンを考える理由は人それぞれで、不安な点もあるかと思いますが、新潟での生活の方が安堵できる場面が多くあるように感じられることをここにお伝えいたします。

晴和会上所園 晴和会上所園

採用担当者からのメッセージ

採用担当者

当法人は、「介護職員処遇改善加算Ⅰ」「介護職員等特定処遇改善加算Ⅰ」を取得し、職位・職責・職務内容に応じた任用と賃金体系の整備、資質向上のための研修の実施、経験等に応じて昇給する仕組みの【キャリアパス】の要件を満たした事業所です。
施設形態も療養型病院、介護医療院、老人保健施設を運営し、ご自身の目指す介護キャリアに合った施設を選択することが出来ます。
また「介護福祉士資格取得奨励制度」を開設し、働きながら介護福祉士の資格取得に向けて、積極的に支援しています。
職場見学も随時行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ